うるし絵の魅力


能登自然石 蒔絵・うるし絵

 

田多 良輝作

 

長年 蒔絵の職人として 極めた技術を最大限に生かし

インテリアとして 現代の生活の中で 気軽に蒔絵に触れていただけるよう

石川県 能登地方の自然石に

一点一点 精密に加飾いたしました。

うるし絵のもの、蒔絵のもの、螺鈿のもの・・・

あらゆる技術を駆使し ひとつひとつに世界観のある 作品です。

 

 

 

これは お客様からお預かりした刀掛台に

トンボを蒔絵しました。

トンボは 後ろへは引かず 一直線に前に進んでいくように飛ぶ姿から、

縁起が良いとして「勝虫」などとも呼ばれていました。

勝負事にこだわる武士たちの間で好まれ、

現在でも 武道具では トンボの柄が人気です。

 

 

お客様のご要望により

お手持ちの品に蒔絵を付けることができます。

物により 漆の付着しない塗料の場合は

お受けすることができない場合があります。

 

まずは お問い合わせください。